アラザル VOL.12

アラザル VOL.12
Purchase Limit:
1

  • Physical (direct)
    Ships within 4 days
    1,050 JPY

インディペンデント批評誌『アラザル』の12号。 2019年5月6日発行/A5/230ページ 在庫:僅少 ------------------------------------------------------------------ serico名義でポール・トーマス・アンダーソン監督映画の漫画「Have One On Me」を寄稿しています。 アラザルメンバーのご厚意により少部数ですが委託販売します。 ------------------------------------------------------------------ ※誠に申し訳ございませんが、booth価格となっております。(定価1000円) アラザルストアでもご購入いただけますので、ご都合の良い方でお買い求め下さい。 [アラザル VOL.12]https://arazaru.stores.jp/items/5cd6db28c843ce1e184ac07b [アラザルオンラインストア]https://arazaru.stores.jp/ ※Salyutの本は一冊までですと同梱で発送できます。 ※BOOSTはアラザルへお届けします。 ※スマートレターにて発送致します。(追跡サービスなし) ※自家通販のため発送までに2〜4日程度頂戴致します。 ------------------------------------------------------------------ →目次 ・《「重症心身障害児(者)」と「芸術」の臨界点》堤拓哉 ・《キラッとプリ☆チャンを信じろ》安倉儀たたた ・《夜明け》杉森大輔 ・《壁の中の最後のダンス ドゥニ・ヴィルヌーヴ論》西田博至 ・【連載:ラッパー宣言】第6回《無記名の川》安東三 ・《『スパイダーマン:スパイダーバース』と“大いなる誤算”》山下望 ・【連載:音と音楽と時間】第6回《『Never Too Late But Always Too Early.』》諸根陽介 ・《ロンドンに雨は降らなかった。を、前提としたファントム・スレッド覚書》dhmo from TAP LAB ・《Have One on Me》serico ・《《メタスタシス》前夜 クセナキスの習作時代 (2) ル・コルビュジエ時代:難民からエンジニアへ》三上良太 ------------------------------------------------------------------ 今回の寄稿についてのあれこれ:http://salyut.net/blog/?p=514

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

インディペンデント批評誌『アラザル』の12号。 2019年5月6日発行/A5/230ページ 在庫:僅少 ------------------------------------------------------------------ serico名義でポール・トーマス・アンダーソン監督映画の漫画「Have One On Me」を寄稿しています。 アラザルメンバーのご厚意により少部数ですが委託販売します。 ------------------------------------------------------------------ ※誠に申し訳ございませんが、booth価格となっております。(定価1000円) アラザルストアでもご購入いただけますので、ご都合の良い方でお買い求め下さい。 [アラザル VOL.12]https://arazaru.stores.jp/items/5cd6db28c843ce1e184ac07b [アラザルオンラインストア]https://arazaru.stores.jp/ ※Salyutの本は一冊までですと同梱で発送できます。 ※BOOSTはアラザルへお届けします。 ※スマートレターにて発送致します。(追跡サービスなし) ※自家通販のため発送までに2〜4日程度頂戴致します。 ------------------------------------------------------------------ →目次 ・《「重症心身障害児(者)」と「芸術」の臨界点》堤拓哉 ・《キラッとプリ☆チャンを信じろ》安倉儀たたた ・《夜明け》杉森大輔 ・《壁の中の最後のダンス ドゥニ・ヴィルヌーヴ論》西田博至 ・【連載:ラッパー宣言】第6回《無記名の川》安東三 ・《『スパイダーマン:スパイダーバース』と“大いなる誤算”》山下望 ・【連載:音と音楽と時間】第6回《『Never Too Late But Always Too Early.』》諸根陽介 ・《ロンドンに雨は降らなかった。を、前提としたファントム・スレッド覚書》dhmo from TAP LAB ・《Have One on Me》serico ・《《メタスタシス》前夜 クセナキスの習作時代 (2) ル・コルビュジエ時代:難民からエンジニアへ》三上良太 ------------------------------------------------------------------ 今回の寄稿についてのあれこれ:http://salyut.net/blog/?p=514